★ 暮らしの細々としたことは別ブログに書いています →  「アンドロメダ・ハイツ」






日記

幸せを撫でる

9月の初め、男の子を無事に出産しました。 出産はとにかく痛いことと怖いことの連続で辛かったです。 私の体型(身長152センチ)のわりに息子が大きくて、3900g近くあったので、助産師さんにも先生にも「よく下から産めたね~!」と言われました。いやほん…

近況

しばらく書いてないうちに色々あって妊娠して、この夏の終わりに家族が増えることになった。 不妊治療に片足を踏み入れつつの妊娠だったので、出っ張ったお腹や、ボコボコ動く胎動が、なんだかいまだに信じられない。でも中の人はそんな私の戸惑いなんてお構…

2015

2015年はとにかく、他人と家族になるということの難しさを噛みしめた年だった。 夫本人とはもちろんのこと、向こうの親や親族との付き合い方、折り合いのつけ方、自分の心の整理の仕方などなど、入籍して1年以上たった今でもまだ納得できないことや理解でき…

結婚式が終わりました。

ブログに記事を書いてみたけど、やっぱりダイアリーとは別物で、私が好きなのはダイアリーのようです。もう10年以上ここで書いてるからなぁ…。 というわけで、ブログに書いた記事を一旦こっちに移しておく。 もう3か月近く前になりますが、5月10日に無…

ゼクシィを買う

世の中の人たちは結婚が決まったらとりあえずゼクシィを買うそうですね。 私は結婚式場の広告だらけの分厚い本をなぜ金を出して買わねばならんのか?と思っていたので、買わずに入籍して結婚式場を決めました。 でもゼクシィ買ってないと言うと周りの人に驚…

近況

随分久しぶりの日記になってしまった。 7月末にプロポーズされてから、親への挨拶、物件探し、顔合わせ、引っ越し…と、イベントが目白押しで、あっという間に数か月が過ぎた。 小さなトラブルはいくつかあったけど、なんとか10月半ばから二人暮らしが始ま…

腹を括る

年に何回か奮発して行く懐石料理のお店でごはんを食べていたら、恋人が突然「別にちゃんと考えてないわけじゃないんやで」みたいな話をしはじめ、ん?何いきなりどうした?酔ってんの?と思いつつ酒を飲みながら聞いていると、「ちゃんと考えてるってことを…

指輪をめぐる冒険

恋人が一人で婚約指輪を買いにいこうとする ↓ 恋人母が「こまっちゃんの指輪なんやから、一緒に行って好きなのを選ばせてあげたほうがいいんじゃないの?」 ↓ 恋人聞く耳を持たず1人で買いに行こうとする ↓ 恋人母が私のことを心配して私に直接メールしてく…

1月11日に、ベルが死んでしまった。 辛いのでここには書いてなかったけど、1年くらい前から持病が悪化していて、体重が当初の半分くらいになってしまい、自力で歩くこともできなくなっていた。食事も注入器で私か母があげていた。 やれるだけのことはやった…

2013→2014

「自分をもっと整えなくては」と痛感した年だった。 一番切実にそう思ったのは、秋に恋人の親友が亡くなった時。死因や事情は恋人本人や共通の友達から電話で聞いてたんだけど、とにかく恋人の状態がひどそうだったので、次の日の会社帰りに奈良まで行って、…

決めた(1人で)

私の恋人は半公務員みたいな職業に就いてるけど、契約上は「期間雇用社員」。いわゆる契約社員。 仕事の性質上、解雇になることはほとんどないし、福利厚生も給与も正社員とあまり変わらない。でも私は(自分で言うのもなんだが)真面目で頭の固い人間だから…

君と僕と青い車と。

5年半前、新卒で入社する予定だった企業に内定を取り消されたとき、社会には個人の事情や努力とは全く無関係に呆気なく崩されてしまうものがきっと山ほどあるんだなぁ…!と思った。4年半前、合コンで知り合って付き合い始めた彼氏に実は本命の彼女がいて、…

2012→2013

2012年はなんとなく『閉じた』年だったと思う。仕事のことにせよ、将来のことにせよ、今まで見ないようにして逃げてきたことが表面に出てきて、仕方なくそれを1つ1つ取り上げて直視して、メンテナンスせざるを得なくなったような、そういう年だった。 「あぁ…

雁渡しの中

3年半ぶりに若草山の山頂に行ってきた。奈良で1番好きな場所。 今回は紅葉が目的だったから昼間に行ったけど、夜は夜景がきれい。個人的には生駒山から見るギラギラした大阪の夜景よりも、若草山から見る奈良の夜景のほうが好き。 若草山は、初デートのと…

遠くに見えるもの

最近はもっぱらtwitter(https://twitter.com/komadeer)で吐き出してるんだけど、やっぱりはてな大切。更新頻度は落ちてもずっと続けたい。先週末はずっと行きたかった曽爾高原へ。 「新世界より」みたいで、大好きな場所になった。 平和な毎日なら、一人で…

雨を降らす。

未来について二人で話し合うことを、私たちは3年間、全然してこなかった。付き合い始めた3年前から、私はそれがずっと寂しくて、不安で、不満で、どんなに楽しいときでも心のすみっこに、ほんの少しの陰りがあった。 今年の初めごろに少し機会はあったんだ…

天秤には掛けない

1人の他人と長く向き合い続けることの面倒くささとか、そこから始まる何かとか、家族との関係にも似た愛着とか、そういうことのいちいちを自分の中に知識として集めている感じ。 長い片想いはしたことがあるけど、両想いは(情けないことに)長く続けられた…

掬う。

木の職人をやってる友達に頼んで作ってもらってたスプーン型のペンダントトップを受け取った。 小さいのは共通の友達にあげるストラップ。しゃもじに見えなくもない。 「Aの文字はちゃんと固定しちゃわないで、身体の動きに合わせて揺れるように、根本だけ…

流れは止まらない、音は鳴りやまない。

喧嘩とか揉め事とかが嫌で、そういう場面に直撃しないで済むように、いつだってヘラヘラ笑って凌いできた。 友達同士ならそれでもいいかもしれない。でも相手は恋人で、1対1の関係で、私たちは2人ともいい年で、そのうち結婚とか出産とか将来とかそういう…

2011→2012

2011年はここ数年間で一番穏やかな年だった。特に深く考え込む事柄もなく、淡々と日々を過ごした。たぶんそれは私にとって良いことなんだと思う。2008〜2010年がわりと激動で大変だったから、ちょうど休憩時間みたいな感じなのかな。 恋人とも特…

タンディガタンディ

宮古島に行って一番良かったのは、自分が鈍ったわけではないんだって思えたこと。 10月なのに焼けつくような太陽とか、息をのむほど青い青い海とか、まっすぐに伸びる長い橋、見たことのないような植物や珊瑚、届かない海底に向かって手を伸ばした時のもど…

ツムカギ(心のきれいな)

あまりにも鮮やかで、あまりにも圧倒的だったから、帰ってきてからもしばらくは心が全然こっちに戻ってこなくて参った。 それは本当に、随分久しぶりに味わう心の動きだった。近づきたくて、触れてみたくて、もっと見ていたくて、知りたくて、受け入れてほし…

The Velveteen Rabbit

少し早いけど、恋人が誕生日プレゼントをくれた。 半年くらい前に私が飲み屋で酔っぱらってる時にリクエストしたもの(らしい)。 「色んな人が描いてるけど私が欲しいのは酒井駒子の絵のやつで、アマゾンとかでポチッと注文するんじゃなくて、ちゃんと自分…

青かった春のこと

大学生のころに学部の女友達数人と作ったコミュニティを、久しぶりに見た。 非公開だから参加者が5人だけで、おもにそれぞれの恋愛の悩みを吐露して励まし合ったり、失恋の傷を舐め合ったりする場所だったんだけど、懐かしくて恥ずかしくて悶絶しそうになり…

家その後

もう、ずっとこういう感じがいいなぁって、時々しんみり考える。長いあいだ同じ男の子と付き合うことが今までほとんどなかったから分からなかったけど、たぶん私にはこういう雰囲気が合ってる。 たまにものすごく嫌気がさしたって、結局戻りたくなる場所は同…

恋人の家はとても古くて、おばあちゃんちみたいな匂いがする。 田舎だから静かで、鳥の声が聞こえる。 春は黄砂が降って窓が曇る。恋人の車の上にも降り積もって、その上を野良猫が闊歩するから、紺色の車体にくっきり足跡がつく。文句を言いながら近くのガ…

インタビューズ

これ、聞きたいことがたくさんあるのに人見知り+めんどくさがりの私にはとても助かる。というわけで始めてみた。 ザ・インタビューズhttp://theinterviews.jp/daydream-witch はてなで流行ればいいなぁ。好きなダイアラーさんたちに聞いてみたいことがたく…

喪女ロールの作り方

【喪女ロール】 :天気のいい土曜日になんの予定もなく引きこもっている女が自分で作って自分で食べるシナモンロールのこと。 特徴 ・買い出しに行きたくないので家にない材料は使わない (どれくらい行きたくないかって、家にあった10年前のドライイースト…

その目から見る世界

東京旅行の最終日に同行者と一旦別れて、数か月ぶりに部活の同期男子に会った。 「2k540 AKI-OKA ARTISAN」に行ってみたいと言っていたので、お昼前に秋葉原の改札で待ち合わせした。 いつも通りのシンプルな服装や眼鏡、細長い手足、少ない荷物、7年前から…

三度目の夏

恋人に「最近AV観ると虚しくなってくるねん。なんていうか、結局手が届かんねやったら二次元と同じやなと思ってしまって…」という相談を持ちかけられたので、「私はなんだかんだで全盛期の柚木ティナが一番好きです」と言っておいた。